バッグ

バッグの材質

バッグと言っても材質はバッグによって様々です。材質によってもかなり違ってくる部分もあります。

例えば、布でできているバッグなら雨に濡れてしまうと、内部にまで水が入ってくる事があります。しかし、皮やビニール、またはエナメルなどは水を通す事はありません。水を通さない材質のバッグは汚れた時のお手入れも比較的楽です。

水を通す材質なら汚れがしみとなってしまう事もありますが、早めにしっかりと取り除いてあげると問題ありません。汚れた時にはしっかりとお手入れしてあげる事で、お気に入りのバッグを長く使う事もできます。

バッグの中でも皮でできた物は特に念入れなお手入れが必要です。

皮専用のお手入れグッズもたくさん販売されていますので利用すると簡単にお手入れする事ができます。例えば、防水加工ができるスプレーやクリームなどはおすすめです。皮という材質は高温と水分に弱いそうです。

保管する時には、保管しておく場所に気をつけましょう。バッグは洗う事ができない場合が多いですが、だからと言ってお手入れしなくていいわけではありません。

バッグは念入りにお手入れを行ってこそきれいな状態を長く保つ事ができます。